総合ハウジングサービス管理物件「入居者専用サイト」へ

  • アヒルネリポート
  • ルネライフバックナンバー

アヒルネリポート

バックナンバー

マンション生活を充実させ居住者同士が知り合う良い機会

■東京ガーデンフォーラム(東京都板橋区)

総戸数299戸、ファミリータイプの大規模マンション「東京ガーデンフォーラム」。 4月20日(土)に「TGF ガーデンパーティ」が盛大に開催されました。

都営三田線「本蓮沼」駅より徒歩5分、 敷地内に約2,000㎡の緑豊かな中庭が広がる「東京ガーデンフォーラム」。竣工10周年を記念した「TGFガーデンパーティ」にお邪魔しました。

悪天候にも負けず多くの参加者で大賑わい

午前11時、パーティ運営委員会の委員長を務める理事会副理事長I様により開会が宣言され、パーティが始まりました。事前に配布されたチケットで購入できる焼きそばやフランクフルト、ポップコーン、飲み物はホットコーヒー、ジュース、お茶、缶ビール、缶チューハイのほか、無料で振る舞うワインまで勢揃い。さらに、今年は第1回目ガーデンパーティ以来10年ぶりに餅つきが復活。メインステージに大きな臼と杵が設置され、子ども達は餅つきにチャレンジ。ついたお餅は会場内のキッチンカーへ運ばれ、きなこ餅やあんこ餅、磯辺巻きになって販売されます。

ゲームコーナーにはスーパーボールすくいと、出た目の数で駄菓子が貰えるビッグサイコロの2種類があり、たくさんの子ども達が楽しんでいます。マンション内サークルのガーデニングクラブが寄せ植えやお菓子などをズラリと並べたお店もあり、飛ぶように売れています。「日頃の活動やガーデニング自体に興味をもってもらえればと思い、出店しました」と、ガーデニングクラブの方。日頃から敷地内の植栽を手入れしておられ、夏はラベンダーの収穫もできるそうです。

各コーナーに行列ができるなか、メインステージにコメディジャグラーが登場。軽快なトークとともに、バルーンアート、皿回しなどの大道芸を次々に披露し、子ども達からは歓声があがります。寒さ厳しい天候でしたが、子ども達の喜ぶ姿を見て皆が笑顔に。午後早く雨が降り始めたため、共用棟内で行うフィットネスサークルの講習会を残して、屋外の演物は残念ながら早めに中止。しかし多くの参加者が集まり、笑顔に溢れたパーティとなりました。

イベントを通して自然なコミュニケーションを促進

イベント終了後、理事長のM様とイベント担当のI様にお話を伺いました。「竣工10年目の節目にあたり、記念パーティの実施を理事会で計画し、役員の中からパーティ運営委員を選出しました。12月から全体会議を重ね、メールやメッセンジャーで連携をとりつつ、当日は朝8時から運営委員と有志スタッフが準備に奔走しました。有志スタッフは過去の理事会役員の経験者とそのご家族です。ご協力をお願いしたら、皆様気持ち良く引き受けてくれました。準備は大変ですが、イベントを開催するとマンション全体の雰囲気にメリハリが出ます。暮らしを充実させるうえでプラスになります。多様な価値観をもつ居住者同士が自然にコミュニケーションをとれる場として、こうしたイベントは非常に大切だと考えています」。

理事会役員を経験してマンションへの愛着が増した

理事会は居住者から寄せられる様々な要望に対応しており、共用棟内の図書室に子ども達が自主学習できる仕切り付きデスクコーナーを設けるリフォームをしたり、フィットネスルームに新しい器具を追加したりと、快適な住環境を目指して活動しています。お二人は理事会役員としてマンション管理に深くかかわることで、お住まいへの愛着が増したとのこと。お二人をはじめ、皆様がイキイキと活動する姿が印象的な「TGFガーデンパーティ」でした。